おまとめローン総合力で選ぶガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンについて

ローンを一本化すると、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、おまとめローンのメリットについて、記して見たいと想います。
1.毎月の返済日を一つにまとめることができるー返済日が月に何日もあってバラバラだと、ついつい返済日前にお金を使ってしまったり、うっかり返済日を忘れてしまうことにもなりかねません。返済日が1日なら、そのような心配もありませんし、管理もしやすくなります。
2.毎月の返済額の合計を抑えることができるーこれは一本化の目的や内容にもよるのですが、まとめる前より返済がきつくなってはローンを一本化する意味があまりないので、一般的には、一本にまとめる前よりも、まとめた後の方が毎月の返済額が小さくなります。
3.金利を低く抑えることができるー一般的には、今借りている金利よりも低いか、一番低いものと同じ金利で一本化します。通常、「おまとめローン」の金利は一般のローン、キャッシングよりも低い金利を設定しているものが多いです。
4.完済までの期間と返済総額を抑える事ができるー一本化する前と一本化した後では、前述の金利の低下もあり、支払期間と返済総額を抑えることになります。

一般的に「おまとめローン」の審査は通常のキャッシングの審査より厳しいと言われています。決められた年収を超えていないと、そもそも申し込むことすら出来ないという業者もあります。審査でチェックされるのは、主に次のような項目です。
・他社借り入れ件数ー借入総額よりも借り入れ件数の方が、重視されます。
例えば、Aさん:50万円を4社から借りている。Bさん:200万円を1社から借りている。このケースで比較した場合、業者からしてみるとBさんの方が断然信用度が高いということになります。このように、件数は少なければ少ない程有利ということを、知っておくことでしょう。3件以内であれば、融資してもらえる可能性もありますが、4件、5件になると厳しくなると言えましょう。
・多重申込ー「多重申込」とは、短期間のうちに複数の業者に申し込んでしまうことです。1か月に3社以上申し込んだ場合は危険かもしれません。おまとめローンは「数打ちゃ当たる」というものではありませんし、ローンに申し込むと、その情報は信用情報機関に掲載されます。(申し込んだだけで掲載されます)
・事故情報があるー過去にローンの返済でトラブルを起こした場合、信用情報に事故情報として掲載されてしまいます。事故情報として扱われてしまうのは、主に ・3か月以上の延滞 ・不払い(踏み倒し)
・債務整理 などで、このような情報は5~10年間保存されるので、その間はおまとめローンに申し込んでも審査を通過するのは、大変難しいでしょう。
・勤続年数ー普通のキャッシングの場合、3か月や6か月をボーダーラインにしているところが多いため、おまとめローンの場合は少なくとも1年間は同じ会社で働いた方が良いと思います。

お金を借りようと思うときに比べてみることは必要なことであると言えますが、比較検討するうえで一番重要視しなければいけないのは金利がどれくらいなのかという事です。借りたお金がたいした金額ではなく短期返済をするのなら金利以外の条件を重視して利用しても良いですが、返済期間が長くなりそうだったり金額が大きいときにはできるだけ低金利を選択すべきです。キャッシングは今すぐに利用することが出来ますし、共に無利息サービスを利用することも可能です。必ず即日で利用したいと考えているのなら、対応している業者を利用してみてください。利息ゼロで利用するには利用するための条件がありますので、クリアしておくことも重要です。安易にキャッシングをするのはやめておいた方がいいですね。定職についてさえいれば、簡単に返せるなんていう考えは甘すぎます。その仕事さえも奪ってしまうのが返済できなかった時の取り立てなんです。勤務先にかけてくる取り立て屋の電話により勤務先にいられなくなり退職せざるを得なかった人をたくさん知っているのです。

休日に申し込み審査ができる?

休日に申し込み審査ができるかという疑問にかんしてですが、キャッシング自体はATMは土日祝祭日も利用できますから、キャッシング機能付きのクレジットカードや銀行のカードローンなどすべての機能がなにかしらのカード自体を持っていれば利用できます。 しかし、カードをまだ作っていない、持っていない場合、休日でも審査して、即日融資を利用できる会社でなければなりません。 大手のキャッシング会社のプロミスやアコムといったところは店舗はお休みですので、無人契約機で申し込みするか、WEBからの申し込みや電話での申込みもできます。 WEBからの申込であれば、無人機でカードの発行を受けなくても、銀行が休みの日でも振込融資を受けることができる場合があります。 それは特定の銀行口座を持っていることが条件となります。具体的に対応しているのは、 モビット = 三井住友銀行または東京三菱UFJ銀行 プロミス = 三井住友銀行またはジャパンネット銀行 アコム = 楽天銀行 などがあります。いざというときのために利便性の高い銀行口座を持っておくのも重要かもしれません。